レンタルドレスのメリット・デメリット ~レンタル選びのポイント~

レンタルドレスの選び方

突然の結婚式のお呼ばれ、突然のパーティーのご招待、ドレスは購入しようか?レンタルしようか?お悩みの方に、レンタルのメリット・デメリットや価格帯、レンタル選びのポイントをご紹介します!

◆レンタルのメリット

1.買うより上質なものがリーズナブルに!

一般的に、買うよりもリーズナブルな価格が魅力のレンタル。購入価格より1/3~1/2程の価格でレンタルできます。

2.クリーニングや保管の手間いらず

通常、購入するとクリーニングして保管しておく必要がありますが、レンタルなら、使用後は返却するだけ!レースや凝った素材のドレスは、クリーニング代も高く、保管にも気を使いますが、レンタルなら手間いらずです。

3.ボレロ・バッグ・アクセサリーもまとめてコーディネート

ドレスショップには、意外と結婚式用のバッグやアクセサリーが置いていないもの。多数の店舗をまわらなくてはならず、予想以上に手間も費用もかかってしまいます。レンタルなら、結婚式用に一式コーディネートされた商品も多く、まとめてリーズナブルにレンタルすることができます!

レンタルドレスのメリット コーディネートセット
ぺプラムタイトドレス(ブラック)【DR0419】

4.いろんなドレスを楽しめる!

友人の結婚式続きの場合、同じドレスを着まわすのもいいですが、レンタルなら、気軽にいろいろなドレスを楽しむことができます。購入するには躊躇するようなデザインのドレスも、レンタルならチャレンジしてみてもいいかも!常にトレンドのドレスを着ることができるのも魅力です。

レンタルドレスのメリット トレンド
レース長袖ロング丈ドレス(ダークグリーン)【DR0409】

 

◆レンタルのデメリット

1.基本的に中古品である

レンタルですから、基本的に新品ではありません。クリーニング済のドレスではありますが、新品しか着られない!という潔癖症の方には不向きかもしれません。

ネットでレンタルする場合、ドレスの状態についてたいてい記載があるので、新品同様か使用感があるのなどチェックしましょう。

2.予約済の場合がある

せっかく気に入ったドレスを見つけても、予約済でレンタルできない場合もあります。レンタルするなら早めの予約が必要ですね。

3.何度も着るなら買った方がお得

お気に入りのドレスで、何度も着用したいなら買った方がお得です。

 

◆レンタルの価格帯(店舗?ネット?)

レンタルの価格帯は、リーズナブルなもので3,000円くらいから、高価なもので20,000円くらい。一般的に、店舗のあるレンタルドレスショップは価格帯が高い場合が多いです。

実際に多数のドレスを試着したいなら店舗がいいかもしれませんが、週末に行くとレンタル中のことも多いので要注意です。

ネットショップでも、郵送で試着可能なショップもあります。家にいながら試着できるので、交通費や手間を考えたらお得かもしれませんね。

 

◆レンタル選びのポイント

1.店舗かネット(WEB)か

まずは店舗で選びたいのか、ネットで選ぶのか。店舗近くにないと不便ですし、一般的にネットよりも高い場合が多いですが、実物を見ることができ、接客もしてもらえるので安心できるでしょう。

ネットの場合は、全国どこでも自宅から注文でき、一般的に店舗よりリーズナブルですが、相手が見えないので不安要素も。信頼できるショップを選びましょう。

 

2.もしもの時の保証があるか

レンタルで心配なのは、保証があるかどうか。万が一ドレスを破損させてしまった場合、ドレス代を弁償する必要があるショップもあります。ショップによって異なりますので、確認しておきましょう。

 

3.対応が親切か(信頼できるショップか)

特にネット(WEB)で注文する場合、相手が見えないので信頼できるショップなのか不安かと思います。ネット上での説明が分かりやすいか(レンタルの流れが明確か)、質問などをした時に対応が迅速で親切かどうかなど、確認しておくとよいでしょう。

 

 

1件のコメント

ただいまコメントは受け付けていません。