結婚式「平服でお越しください」はどんな服?

レストランウェディングや、カジュアルな結婚披露宴、1.5次会の場合、招待状に「平服でお越しください」と書かれている場合があります。

平服だから、普段着でいいの?と思いがちですが、平服=カジュアルではないので要注意!

これは、招待する側からの「あまり格式にこだわらず、気軽にお越しください」という気づかいの言葉。格式にこだわった正装・フォーマルではなくていいですよということです。
迷った場合は「改まった場所でも恥ずかしくない服装」でOkです。

「お祝いする気持ち」をもった、華やかなワンピースなどがベスト。正装でなくてもよいので、いつもは着ない色やパンツドレスなどにチャレンジしてみるのもいいですね!

具体的にどんな服装をすれば良いのでしょうか?
おすすめの服装をご紹介します♪

平服でと言われた時の女性の服装【結婚式・披露宴】


◆顔まわりをパッと明るく見せてくれるショートトップスとタイトワンピースのセットドレス。トップスはインナーワンピースとのバランスを考え、短めの丈でスタイルアップ効果を狙います。インナーワンピースは装飾生地を使い、1枚でも華やかに着用できるドレスです。シルエットは大人シンプルなタイトライン。
2つが組み合わさり、袖付きドレスの完成です。

会場によって中のワンピースのみの着用でストール羽織を加えても良いでしょう。

2018-2019年 人気(トレンド)の結婚式ゲストドレス
ブラウスセットドレス(ピンクベージュ)【DR0402】

◆グリーンが目を惹く、レース袖×Aラインのシンプルシルエットドレス。
レースで程よい肌見せ袖が女性らしい雰囲気を演出してくれるドレス。立っていることが多い式でも緩やかなAラインで動きやすいのが○

レース袖ドレス(グリーン)【DR0421】

◆レディな雰囲気のブラックドレス。
ワイドスリーブと、きれいに広がるタックフレアスカートのシルエットがクラシカル。
後ろは背中を見せた衿のラインとウエストリボンが女優のような雰囲気を出しています。
クラシカルなイメージに合わせて、生地もコットンタッチに仕上げています。「平服」の場合、カジュアルに感じる素材でのドレスデザインが○

ミディ丈ドレス(ブラック)【DR0423】

◆レース&シフォンのティアードブラウスとシフォンワイドパンツのセットアップ。淡いピンクが優しい雰囲気。パンツスタイルでこなれ感を演出。

レーストップス ワイドパンツ セットアップ パンツドレス(ピンクブラウン)【PD0372】

◆全面レースのロングワンピース。繊細なレースをふんだんに使いフェミニンな印象と、上品かつ大人な印象を兼ね備えています。トレンド感あるドレスはコンセプトウェディングにおすすめです。

レース長袖ロング丈ドレス(ブラック)*【DR0412】

◆光沢のあるサテン地に、透け感のあるシフォンをポイントにしたデザインのコンパクトドレス。
ウエストに切り替えのないIラインのドレスは、絞め付け感もなくゆったり過ごせそう♪

シフォン×サテンラッフル袖ドレス(ボルドー)*【DR0296】

◆レストランウェディングや、カジュアルな結婚披露宴、1.5次会ではパンツスタイルでもOK.!ジャケットを羽織りスーツのように着こなしても良いでしょう。アクセサリーを盛り華やかにしても素敵です。

ブラウジングTP×ベルト付きPT セット パンツドレス(ブラック)【PD0388】

◆ラインがきれいに出るコンシャスなドレス。
スタイルアップに導くショートトップスのツートンカラードレスです。胸元の飾りがレストランウェディングや、カジュアルな結婚披露宴、1.5次会にちょうど良いドレス感なのがいいですね。

ハイウェストタイトドレス(オフ×ブラック)【DR0191】

すこしわかりづらい「平服」という位置。悩まれる方、そのまま受け取る方、それぞれいると思います。

以前お呼ばれしたときの話です。

挙式は海外で、別日に日本で軽い披露宴をみんなで楽しみたいというお二人の会に参加しました。場所は表参道にあるレストランのパーティー会場。その時も「平服で」と招待状に書いてありました。悩みましたが結婚式に着ていくドレスのひと段落デイリー寄りのワンピースで行きました。男性はスーツがほとんど、女性はやはりワンピースが多く、結婚式場で行われる披露宴よりはカジュアルでしたがさほど差はないように感じました。お話をされる上司の方などは立派なお着物でした。その中でお二人ほどTシャツにジーンズで参加!Tシャツはブランド物でしたがやはり場にそぐわないように感じました。

まとめ・・・悩んだら「ドレス」「ワンピース」がおすすめです!