結婚式 二次会の幹事に抜擢されたら?

結婚式の二次会の幹事

<二次会幹事の服装>

結婚式の二次会は、基本的に結婚式・披露宴のようにフォーマな場よりカジュアルに考えて大丈夫。

ちょっとおしゃれを意識した服装なら、基本的にルールはありません。結婚式のように露出を控えるなどのルールもないので、結婚式・披露宴で羽織っていたボレロを脱いで、ノースリーブワンピースになっても大丈夫です。

ただ、幹事はいろいろ慌ただしく動くことも多いので、動きやすい服装がベターですね。

司会を務めるなら、華やかなワンピースドレスや、裏方に徹するならパンツドレスなどもいいでしょう!

●ちょっと肩見せがおしゃれなワンピース

結婚式二次会の服装
光沢オレンジ肩見せスリーブドレス【17-374006】

●ブラックドレスがドレッシー

結婚式二次会の服装
アシンメトリーヘムカットジャガードドレス(ブラック)【17-383214】

●トレンドのパンツスタイルでスタイリッシュに

結婚式二次会の服装
ウエストブラウジング風セットアップ【18-389415】

●華やかグリーンプリントで注目!

結婚式二次会の服装
グリーンビッグフラワーボーダードレス Sサイズ【18-393209】

<二次会幹事の主な仕事>

どこまで幹事に任されるかは、新郎新婦と相談の上決めることがほとんどですが、主な仕事を記します。

・料理の決定

・値段の交渉

・会場を設定

・招待状の作成、発送

・プログラムの作成

・タイムスケジュール管理

・スタッフの人選(受付・司会など)

・プチギフトの手配

<二次会幹事の心得>

二次会の幹事は、小さなパーティープロデューサーのようなもの。いろいろ決めることもたくさんありますし、役割もたくさんあります。だから、一人では到底ムリ。

見返りを求めない「いいヤツ」が複数で担当するとよいでしょう。