結婚式の受付に抜擢されたら?

結婚式の受付、披露宴の受付

受付係は披露宴の顔ともいうべき重要な仕事。

受付を頼まれたら、当日は会場の担当者ときちんと打ち合わせをし、万全な体制を整えて、ゲストのスムーズな案内を心掛けなくてはなりません。

初めての受付さんにとって、気になるポイントをまとめました。

  • 服装・身だしなみの注意点

服装は、ホテルスタッフのようなスーツなどにする必要はありません。

お祝いの場ですから、清潔感のある身だしなみで、華やかな方が喜ばれます。

羽織はストールよりもボレロの方が、動きやすくスムーズに仕事ができるでしょう。

<受付おすすめドレスコーディネート>

優しい好印象のピンクに、きちっと感を出したブラックボレロ。華やかだけど、ちょっと落ち着いた印象にもなります。

結婚式 披露宴の受付 ドレス・服装
バックレースアップドレス(ピンク)【16-288004】

華やかカラードレスが苦手な方は、光沢感のあるネイビードレスに、光沢感のあるサテンボレロを羽織れば、落ち着き感の中にも華やかさを演出できます。

結婚式 披露宴の受付 ドレス・服装
ウエストドレープレース付きドレス【16-277111】

上品なティファニーブルーが高貴な印象の爽やかドレス。ネックのビジューが更に華を添えてくれます。

結婚式 披露宴の受付 ドレス・服装
ネックビジュードレス(ライトグリーン)【16-281109】

その他、服装のポイントはこちらもチェック!→「結婚式の服装 受付係編」 

ゲストをいちばん最初にお迎えする立場ですから、自分の好きな服で、笑顔でにこやかな対応をしてくださいね!

  • 遅刻厳禁!30分前には打ち合わせを

受付の仕事は、一般的にはゲストの出欠確認とご祝儀の管理。特定のゲストは新郎新婦への取次が必要になることもあり、遠方からのゲストや主賓へのお車代を渡すこともあります。

こういった打ち合わせのためにも、30分は早めに集合し、きちんと打ち合わせ・確認しておきましょう。

また、ゲストにトイレや更衣室の場所を聞かれることもあるので、事前に会場スタッフに確認しておくと安心です。

<ご祝儀のまとめ方>

ご祝儀は両家一緒でいいのか、新郎側・新婦側と分けた方がいいのか、個人によって希望がわかれるので、確認しておきましょう。

<ご祝儀の管理方法>

ご祝儀とまとめたあと、誰に渡すのか、どこに保管するのか確認しておきましょう。

会場の金庫に保管する場合、身内の人が会場に持ち込む場合などさまざま。誰に渡すのか、事前に確認しておくことが大切です。

<お車代の渡し方>

受付の時にお渡しするのか、それとも新郎新婦が直接渡すのか確認しておきましょう。

受付で渡す場合、ゲストが芳名帳へ記帳している際に確認し、記帳が終わったらお車代をお渡しします。

もらわないゲストも多くいるので、あくまでさりげなくお渡しするのがポイントです。