結婚式ゲストドレス マナーの基本

結婚式のゲストドレス マナーNG 過度な露出

結婚式に招待されて、まず何を着ていくか?
フォーマルな場ですから、マナーが気になるところです。
「花嫁と同じ白い服はNG」というのは有名ですね。
それだけではないマナーをチェックしてドレスを選びましょう!

【過度な露出はNG!】
結婚式や昼の披露宴では膝上のミニ丈や、胸元の大きく開いた襟ぐり、スリットで太ももが上まで見えるなどの露出が多いドレスデザインはNGです。
肩を出したデザインはそのままではNGなので参列する場合は、羽織物(ボレロやストール)で肩の露出を避けましょう。
(式後の夜のパーティー・二次会などは羽織りを脱いでもOKです。)

結婚式のゲストドレス マナーNG 過度な露出

結婚式のゲストドレス マナーNG 過度な露出

 

【ホワイトドレスNG】
ホワイト(白色)ドレスは完全NG!
純白のドレスは、結婚式では花嫁の特権ですので、ゲストは白色ドレスはNGです。
ベージュや白っぽいカラーなら大丈夫ですが、写真映りによっては白色に見えてしまうこともあるので注意が必要です。
ボレロやストールにカラーを採り入れると、全体的に白っぽいとみられなくて安心ですね。意識してコーディネートしましょう。

結婚式のゲストドレスのマナー ホワイト・白色はNG

結婚式のゲストドレスのマナー グレーやベージュならOK

 

【足元のマナーにも気を使って】

靴はつま先が空いている靴、ミュールやサンダル、ブーツ類はNG!
適度なヒールのあるパンプスが基本です。

結婚式 靴

結婚式 靴

ストッキングは透明感のある肌色が基本です。
しかし、冬など寒い時期には「模様の入った黒タイツ」「ラメ入り・模様入り黒ストッキング」など華やかもものならOK! 真っ黒タイツは避けた方がいいでしょう。

結婚式のゲストドレスマナー 黒タイツNG

 

【アクセサリーのマナー】
服装に関するマナーはたくさんありますが、アクセサリーにはそれほど決定的なマナーはありません。
・花嫁さんより目立たないようゴージャスで派手なデザインは避ける
・花嫁さんの身に付ける白色のアクセサリーはパール以外は避ける
・せっかくのお祝いの席で時間を気にするのはあまりよくありません。腕時計はつけないのが好ましい
以上を気を付けて身につけましょう。

結婚式 アクセサリー

基本はパールのアクセサリーです。